HOME | 卒業後の進路 | 大学院へ進学

大学院へ進学

2つの大学院

 2004年4月に、法科大学院(ロースクール)が設立され、大学院は「実務法曹養成専攻」(法科大学院)と、3つのコースを持つ「総合法政専攻」とに改 組・再 編されました。また、新たなプロジェクトとして、リーディング大学院もはじまっています。名古屋大学法学研究科は、法学・政治学の高度な専門的能力を備えた、市民生活や実務、国際社会に必要とされる法曹・実務家・研 究 者の養 成を目指しています。そのために、目的 別の専 攻・コースを設定しているのです。
 

 総合法政専攻

 総合法政専攻には3つのコースがあります。
「研究者養成コース」は、専門的研究者を目指す人のためのコースです。少人数方式の演習やマンツーマンでの研究指導を通じて、研究者としての専門的能力の養成を図ります。「研究者養成コース」の大学院生は、2年間の前期課程では自らの専門についての学問的訓練を受けつつ「修士論文」を執筆し、その後3年間の後期課程に進学した者は、研究成果を「博士論文」としてまとめるべく、努力することになります。この博士論文が所定の審 査に合 格すると、「博士(法学)」の学位が授与されます。名大法学研究科は、法学・政治学の優秀な研究者を数多く輩出してきた実績と伝統を誇ります。名大出身の研究者は、全国各地の大学等で、最先端の研究・教育を担っています。
「応 用 法 政コース」は、高度な専門的知識を有して社会の中核を担う人材を養成するためのコースです。従来、学部卒での就職が中心であった職種においても、より高度な専門的知識へのニーズは高まりつつあります。応用法政コースの大学院生は、将来の社会人としての活動を念頭に置きつつ、講 義・演 習を履修し、複数のチューターの指導の下に各自の研究課題に取り組むことになります。所 定の単 位を修 得し、修士論文(リサーチ・ペーパー)の審査に合格すると、「修士(現代法学)」の 学 位 が授与されます。職業を有する人には、後期課程での研究の道も開かれています。
 「国際法政コース」は、途上国における近代法整備を担う人材育成を主な目的とし、海外からの留学生を対象に、主に英語によるプログラムを展開するコースです。
 

法科大学院(実務法曹養成専攻)

 法科大学院は、司法制度改革の中で、新しい法曹養成制度として設 置されました。新しい法曹養成システムでは、原則として、法科大学院の修了者に新司法試験の受験資格が与えられることになりました。
 名古屋大学法科大学院(実務法曹養成専攻)は、中部日本の基幹大学として、自由な共生社会を支え、「幅広い教養と優れた専門能力を備えた法曹」、「広い視野と国際的関心を持つ法曹」、「多方面で活躍できるバランスのとれた法曹」の育成を目指している点に、特色があります。
 そのために、名古屋大学法科大学院では、法科大学院生が法の理 論と実 務を有 機 的に関 連 づけて学 べるようなカリキュラムの開 発 、研究者教員と実務家教員の協同による教育体制、法学部とも共通する徹底した少人数教育、そしてIT技 術を活用した新しい教育手法の導入などによって特徴づけられる教育を展開しています。
 法科大学院は法曹の育成を目的としていますが、法学部以外の学部卒業生や様々な経験を持つ社会人にも開かれています。なぜなら、法科大学院の教育が実りあるものとなるためには、多 様な専門分野やバック・グラウンドを有 する人 材 が 入 学して、互 いに切 磋琢 磨することが必 要だからです。名古屋大学法科大学院は、多様な人々の入学を歓迎します。
 

博士課程リーディングプログラム(通称・リーディング大学院)

 「博士課程教育リーディングプログラム」は、優秀な学生を俯瞰力と独創力を備え広く産学官にわたりグローバルに活躍するリーダーへと導くため、国内外の第一級の教員・学生を結集し、産・学・官 の 参 画を得 つつ、専門分野の枠を超えて博士課程前期・後 期 一 貫した世 界に通 用する質 の 保 証された学 位プログラムを構築・展開する大学院教育の抜本的改革を支援し、最高学府に相応しい大学院の形成を推進することを目的とした、文部科学省・日本学術振興会の事業です。
 

図をクリックしますとPDFファイルで拡大表示ができます。