3-名大マーク5-S.png 国立大学法人 名古屋大学 法科大学院

下山 憲治
しもやま けんじ

simoyama.jpg

役職

  名古屋大学大学院法学研究科 教授

専門分野

  環境法、,行政法

研究テーマ

  環境リスク管理法の研究、国家補償法研究

所属学会

  日本公法学会、環境法政策学会

略歴・資格

  早稲田大学大学院法学研究科博士前期課程修了 修士(法学)
  早稲田大学大学院法学研究科博士後期課程 退学
  福島大学助教授、東海大学教授を経て現職

主要業績

  単著『リスク行政の法的構造』(2007年、敬文堂)
  共著『環境法へのアプローチ』(2007年、成文堂)
  共著『実務判例逐条国家賠償法』(2008年、三協法規出版)など

社会的活動

  綾瀬市個人情報保護審査会委員(2008年~2011年)
  地方自治総合研究所 地方自治関連立法動向研究会委員(2010年~現在)
  愛知県男女共同参画審議会委員(2012年~現在)

教員からのメッセージ

 環境法は、公法系、民事系など複数の法分野だけではなく、他の社会科学や自然科学の領域へのアクセスも必要な学際的領域です。それぞれの法分野だけでも大変ですが、科学的な合理性を探求しながら、法解釈や法政策を考えていくことに楽しさがあると思います。また、今後の大きな展開が期待される比較的新しい法分野です。

リンク

研究活動等の詳細(名古屋大学「教員プロフィール」のページ)