教員組織 (丸山絵美子) of 名古屋大学法科大学院


3-名大マーク5-S.png 国立大学法人 名古屋大学 法科大学院

丸山 絵美子
まるやま えみこ

nophoto.jpg

  • 役職 
    • 名古屋大学大学院法学研究科 教授
  • 専門分野 
    • 民法、消費者法
  • 研究テーマ
    • 契約解消法理、不当条項規制、公法と私法
  • 所属学会
    • 日本私法学会

略歴・資格

1993年 東北大学法学部卒(学士(法学))
同  年 東北大学法学部助手
1999年 専修大学法学部専任講師
2002年 専修大学法学部助教授
2005年 筑波大学大学院ビジネス科学研究科助教授
2007年 筑波大学大学院ビジネス科学研究科准教授
2008年より現職

主要業績

「契約における信頼要素と契約解消の自由(1)~(7・完)」専修法学論集82号、86号、89号、91号、92号、95号、96号(2001年~2006年)
「労働者は消費者か」『融合する法律学』(信山社・2006年)
「ホーム契約規制論と福祉契約論」『福祉サービス契約の法的研究』(信山社・2007年)
「消費者契約における取消権と不当利得法理(1)(2・完)」筑波ロージャーナル創刊号、2号(2007年)

社会的活動

経済産業省産業構造審議会割賦販売分科会基本問題小委員会委員(2007年~2008年)
経済産業省産業構造委員会消費経済部会特定商取引小委員会委員(2007年~2008年)
内閣府消費者契約法検討委員会委員(2008年~現在)

教員からのメッセージ

 民法の学習や研究を通して、学生の皆さんには、社会への関心を深め、思考する力を鍛えて欲しいと思います。悪質商法、高齢者の財産管理、ネット取引を巡る諸問題、投資取引を巡る諸問題、薬害・食害など様々な民法に関連する問題が山積しています。ルールを支える思想や歴史・国民性といったことにも視野を広げながら、一緒に議論・検討していきましょう。

リンク

研究活動等の詳細(名古屋大学「教員プロフィール」のページ)