3-名大マーク5-S.png 国立大学法人 名古屋大学 法科大学院

【1】 カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成及び実施の方向性)

 名古屋大学法科大学院の教育理念及びディプロマ・ポリシーに従い、以下の方針のとおりカリキュラムを構築します。
 (1) 少人数・双方向(多方向)授業と段階的な履修を可能とするカリキュラム設定
 (2) 多様な専門分野やバック・グランドを持つ法学未修者が無理なく学修できるための配慮
 (3) 研究者教員と実務家教員による協同教育体制を前提とした法律基本科目と実務教育科目の連動
 (4) 豊かな教養と多様な価値観を涵養するための基礎隣接科目の提供
 (5) 市民社会の最先端のニーズに対応し、国際的視野を有する専門性を身につけるための多様かつ
   高度な展開・先端科目の設定
 カリキュラムの実施に際しては、ITを活用した新しい教育手法を導入して学生の学びを支援しつつ、厳格な成績評価に基づき学生が修得した知識等の質的保証を行います。

▲ ページトップへ

【2】 4つの科目群



 法科大学院のカリキュラムは,「法律基本科目」「実務基礎科目」「基礎法学・隣接科目」「展開・先端科目」の4つの科目群から成り立っています。

(1) 法律基本科目群
 法曹に共通に必要な専門的資質・能力の修得,専門的な法知識の確実な修得,法知識を検討・発展させていく創造的な思考力の育成等を目的とする科目。将来法曹として様々な法的問題の処理をするために必要となる法的判断の基礎をなすものです。なお、法学初学者のため、実定法の礎と法的思考を修得するための「実定法基礎」も設けられています。

(2) 実務基礎科目群
 事案に即した具体的な問題解決に必要な法的な分析・議論能力の育成、法曹としての責任感・倫理感の涵養と社会貢献の機会の提供、法曹に共通して必要な専門的資質・能力の修得、豊かな人間性の涵養・向上等を目的とした科目。

(3) 基礎法学・隣接科目群
 法学の基礎・周辺領域に関する分野について学ぶことにより、高い素養を持った実務家を養成することを目的とした科目。優れた法曹として活躍するためにも、法学の専門的知識のほかにも幅広い基礎的・法学的な知見に裏打ちされた能力は不可欠です。

(4) 展開・先端科目群
 先端的な法的問題を扱う、法曹としての専門分野を模索する助けともなる科目。「市民生活と法」「企業活動と法」「国際社会と法」の各グループごとに先端的法律問題を扱う科目が設けられています。このほか、実務的視点を加え,個別の法分野を横断した総合的・融合的な問題研究を行う「総合問題研究」、個々の法分野の中から発展問題を選択し法的知識の高度化を図る「特殊問題研究」などもあります。


▲ ページトップへ

【3】 学年・学期配置

  本法科大学院では,3年ないし2年の課程で効率的に学習がすすめられるよう,それぞれの科目内容に応じた学年配置がなされています。
  「法律基本科目」については、3年コース1年次に各科目の「基礎」、3年コース2年次(2年コース1年次)に「演習」が配置されています。「実務基礎科目」は、おもに3年コース2・3年次(2年コース1・2年次)に、「展開・先端科目」は3年コース2・3年次(2年コース1・2年次)を中心に、配置されています。なお、「基礎法学・隣接科目」は、3年コース1年次に配置されてはいますが、履修枠の範囲内で全学年次を通じて履修することが可能です。



各段階の教育目標

第1ステージ  

(1年)

法律基本科目のうち実体法科目の基礎知識を修得する。法情報資料の検索方法と法情報を加工して資料作成する基本技能を学ぶ。


第2ステージ

(2年次前期~後期)

法律基本科目のうち実体法科目の応用力をつけ,手続法の基礎知識を修得する。


第3ステージ

(2年後期~3年前期)

実務に関心をもち,実務の基本的技法を修得し,実体法科目と手続法科目を関連づけて学ぶ。また,専門性を獲得するために,モデル履修案を参考に展開・先端科目を学ぶ。


第4ステージ 

(3年後期)

引き続き,専門性を獲得するために,モデル履修案を参考に展開・先端科目を学ぶ。また,実体法科目と手続法科目の知識を統合する。

加えて,法曹としての責任感・倫理観を育む。



名古屋大学法科大学院の教育方針

LinkIcon_
画像をクリックしますとPDFファイルが表示されます。

▲ ページトップへ