国立大学法人 名古屋大学 法科大学院
HOME > 教育の過程と方法 > エクスターンシップ

【1】エクスターンシップの概要

 エクスターンシップについては、以下のような流れで実施されます。

2年後期(2年コースの場合には1年後期)に仮登録後、4週間以上の期間内(事前学習期間を含む)にわたり、派遣先での最低実働時間60時間以上の実習を行うことになります。派遣時期については、原則として、3年コースについては2年後期・春休み、2年コースについては1年後期・春休みに行います。

【2】派遣実績

2013年度のエクスターンシップ受入先については、こちらをご覧ください。

【3】参考:弁護士エクスターンシップの実習内容

【必要的研修事項(学生に必ず履修させる事項)】 計(51~69時間)

 
【任意的研修事項(可能であれば研修させる事項)】 計(5~10時間)